歯科助手は歯医者勤務ではとても大事な役割

スムーズな治療ができるようにするには?

歯医者で仕事をする際、患者さんに治療や検査を行うのは歯科医や衛生士の仕事。他には歯科助手の仕事があり、専門資格は不要です。医療系の仕事未経験者であっても、歯医者の考えとマッチングできれば長く仕事をすることが可能。

歯科医や衛生士のサポートであれば、直接言われたことをするのは大事。しかし、経験を積む中で治療の流れが分かるようになれば、詰め物づくりや唾液吸引などができるはず。手際よくサポートできれば、医療スタッフ以外に患者さんからも信頼を得られます。

ちなみに歯科助手に関連した資格があるのはご存じでしょうか。歯科助手資格と技能認定資格があります。仕事におけるスキルを持っているのが判断できるため、歯医者に採用となる可能性が増します。

事務系の仕事も必要

歯医者で行う歯科助手の仕事は、歯科医や衛生士のサポート以外も確認しましょう。

例えば、患者さんの受付だと保険証や診察券、カルテの確認や作成があります。その後、歯科治療に繋げる流れです。受付の接客もさまざまな患者さんに合わせた対応ができるようにしましょう。

保険点数に基づき患者さんへ治療費請求を行う会計業務もあります。歯科医が作成したカルテに基づいて、医療保険制度に従った診察報酬明細書の作成が必要。毎月自治体や社会保険事務所に診察報酬の請求をする必要があるため、正確に事務処理ができるスキルは欠かせません。特に医療事務の資格が無いと難しいかもしれません。

その他、多くの歯医者ではパソコンや電子カルテを用いて各種書類作成をする傾向。初めはサポートをしてもらえるかもしれませんが、機械操作に慣れるのはオススメします。


▲ TOPへ戻る