先ずは歯医者の仕事や歯医者で働くためのポイントを簡単に紹介

治療の仕事

歯科医師の仕事に治療がありますが、虫歯や歯周病治療以外に矯正歯科や義歯作成など多彩。また、審美目的で通う患者さん向けにホームホワイトニングも。各種治療ができるようにするのも1つの方法ですが、矯正歯科など特定の分野を専門にしてキャリアや実績を積むのもアリ。将来開業医として歯医者で仕事をする場合でも、他の歯科医院や病院勤務を通じて治療を行い、スキルを磨いて得意分野を持てると大きなセールスポイントになるはず。

近年は高齢化社会であり、在宅介護や福祉施設入所者で歯医者への通院が困難人も少なくありません。訪問歯科治療は高い需要があるので、歯の病気治療以外にリハビリや介護者へのケアのアドバイスができるスキルは欠かせません。

晴れて歯科医師の免許取得ができた後も、さまざまな経験が必要。その中で、自分ならではの歯科医師を目指しましょう。

他にも仕事がアリ

歯科医師の仕事は治療だけではありません。地域での講演や教育機関からの歯科健診の依頼を受けるケースがあるため、応えられると仕事の幅が拡がります。

例えば、講演なら歯の健康増進を図るために、参加者にアドバイスを行います。単に毎日の歯磨きや食事が大事だと伝えても、説得力に欠けます。参加者に分かりやすく、なおかつ自分のキャリアを踏まえて伝えるためのスキルが必要。特にプレゼン能力があれば大きな武器になるので、歯科系の学会で発表するなどで経験を積むのがオススメ。

また、幼稚園や学校などの教育機関で歯科検診の依頼を受けるケースも。特に未就学児童や小学生は乳歯があるため、永久歯が生えるまでの期間における歯の健康維持は大事。歯科検診を通じて、保健指導や歯医者への通院を勧めるようにします。

それぞれ歯の健康増進を図るための普及活動となるから、大事な仕事として捉えておきましょう。


▲ TOPへ戻る