先ずは歯医者の仕事や歯医者で働くためのポイントを簡単に紹介

歯医者勤務をする人と言えば、誰もが歯科医師をイメージするのではないでしょうか。患者さんの歯の病気治療や予防などさまざまな仕事があり、矯正歯科治療も。しかし、患者さんの治療だけすれば良しではないから、意外と大変な仕事かもしれません。いくつか紹介するので、仕事へのイメージを深めましょう。

衛生士として仕事をするなら

歯科医師の治療をサポートしたり患者さんに歯の病気予防などを行ったりするのが衛生士。お子さんからシニアまで幅広い世代の患者さんが歯医者に通うため、一人ひとりに合った治療を提供できるスキルが必要。また、歯の病気以外に生活習慣病や認知症予防にも役立つ歯科保健指導についても詳しく紹介します。

歯科助手は歯医者勤務ではとても大事な役割

歯医者勤務するにあたり、直接患者さんへの治療や保健指導を行うのが歯科医や衛生士。しかし、歯医者の仕事は会計やレセプト作成、雑務など多彩。歯科医や衛生士が行うのも可能ですが、却って患者さんへの治療の質を下げる原因になりかねません。そのため、歯科助手の仕事は欠かせない存在なのではないでしょうか。

歯科医師として仕事をするなら

人々の歯の健康増進をサポートするのが歯医者の仕事。では、どのような仕事があるのか確認しましょう。

歯の治療や病気予防を図るのは、歯科医や衛生士の仕事。虫歯や歯周病治療や矯正歯科治療などがあります。他には3か月に1回程度の定期検診やクリーニングを行い、口腔内の衛生環境を整えます。

歯科医であれば、専門の大学を卒業した後に国家試験に合格すれば歯科医師免許取得が可能。その後、開業医として勤務するのは1つの方法ですが、治療経験や実績が無ければ、お客さんから信頼を得られません。先ずは歯科医院や病院などで就職をして、キャリアを積んでから開業医を目指すのが良いでしょう。

歯科医が行う治療をサポートしたり、患者さんに歯の病気予防や歯磨き指導などを行うのが衛生士の仕事。高卒後に養成学校に入学を行い、国家試験に合格できたら衛生士として勤務が可能。なお、患者さんにはお子さんからシニアまで幅広い世代の人がいるため、一人ひとりに合った対応力が欠かせません。

歯科医や衛生士の補助や受付業務などをするのが歯科助手。歯医者経営において歯科治療以外の仕事が多く、歯科助手での勤務となれば欠かせない業種の1つ。しかし、歯科医や衛生士が行う医療行為ができないため、患者さんに直接治療することはできません。就職するにあたり専門資格は不要ですが、接客や医療会計事務のスキルは持っておくのがオススメ。

このサイトでは、歯科医が開業医を目指したり、衛生士や歯科助手として歯医者への就職を希望したりする場合、知っておくと役立つ情報を紹介します。それぞれの業種について詳しく伝えるので、歯医者勤務する際のイメージを深めてください。

▲ TOPへ戻る